テーマ:ジャズ

高やんのお勧め映画音楽10選其の3

みなさん、こんにちは、  今日は、トゥルークライムのお話し、 死刑執行当日、無実の死刑囚を救うために奔走するヴェテラン新聞記者の姿を描くサスペンス。監督・製作・主演は「真夜中のサバナ」のクリント・イーストウッド。脚本は「チャイニーズ・ボックス」のラリー・グロス、「卒業白書」のポール・ブリックマン、「ディ-プエンド・オブ・オー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みなさん、こんにちは。

今日も名作でお付き合い下さいませ。 1920年代の頃、コルネットが得意の田舎青年レッド・ニコルズ(ダニー・ケイ)は、ウィル・パラダイスの楽団に入ってギターのトニーや歌手のボビー(バーバラ・ベル・ゲデス)と知り合いになりました。やがてボビーと恋仲になったレッドは、秘密酒場でルイ・アームストロングと即興でかけあい演奏をやったことから彼…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高やんのお勧めジャズボーカル10選其の10

みなさん、こんばんは、   高やんのお勧めジャズボーカルラストは~~ My Way そして今 終わりが近づき 人生の幕が閉じようとしている 友よ これだけは伝えたい 自信を持って言えることだ 充実した人生だった これまであらゆる道を旅してきた けれど それよりも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みなさん、こんばんは。

1月に三人目の孫が誕生、今度は娘の出産でした、 出産後、娘と孫は我が家で寝食をを共にしました、 孫を抱いたりアヤシタリと楽しい日々もを終わり ご亭主の元に二人は戻りました、娘が我が子を 世話する姿、母親になったんだなと思うと、少し 切なく感じる親父でした。 今夜は、キース・ジャ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

高やんのお薦めジャズボーカル10選 其の9

みなさん、こんばんは、 But Beautiful それでも尚美しい 愛とは楽しくも 悲しくもあり 穏やかな時もあれば 狂気に満ちることもある 良きも 悪しきもあるが それでも愛とは 美しきもの 恋に賭けるのは 素晴らしきこと 人が恋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高やんのお薦めジャズボーカル10選 其の8

みなさん、こんばんは、   不気味な温かさの11月下旬やっぱり寒くなりました、 Over The Rainbow あの虹の向こうの どこか空高くに かつて子守歌で 聞いた国があるの そしてあの虹の向こう側の どこかに 青い空が 広がっていて そこでは願…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高やんのお薦めジャズボーカル10選 其の7

今夜は、ジャズではないんですが、中秋の名月にはいいかなっと思って~ ムーンリバー「ティファニーで朝食を」オードリーのあの作品で使われた曲です。 ムーンリバー なんと広大な川なんだろう いつの日か  僕は胸をはって渡ってみせる 君は僕に 夢を与えてくれ  そして夢を 打ち砕きもする けれど どこへ流れゆこう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高やんのお薦めジャズボーカル10選 其の6

Moonlight Serenade 君の家の扉の前に立ち そして歌うは月影の唄 六月の夜  君の手のぬくもりを感じるまで 僕はいつまでも  ここで待つよ 薔薇たちが風にそよいでいる 月影の小夜曲にあわせて 星たちは 光り輝き そして今宵 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高やんのお薦めジャズボーカル10選 其の5

Autumn In New York これでおしまい 独りぼっちのさみしい休日も この田舎にさっさと別れを告げ 旅立つときが来たわ 暗くよどんだ憂鬱な日々に さようなら~ 私はこれから マンハッタンのホテルへと向かう 住みなれた この小さな家を手放し …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高やんお薦めジャズボーカル10選 其の4

今夜は~~~ Blue Moon 昔むかし 僕が心から笑えるようになる前 僕は月の光が 大嫌いだったんだ 詩人たちが魅力的に 歌に読む闇夜の影も 僕には単なる 月影でしかなかった 夜更かしする相手もなく 夜10時にはベッドに入る 世の男の中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高やんお薦めジャズボーカル10選 其の3

I Can't Give You Anything But Love 君へ贈ることのできる物は  何もないけれど 愛ならば幾らでも  君にあげられるよ 僕が溢れるぐらいに持っているものは それだけなんだ でもさ、ちょっと思い描いてみて きっと分かるから 愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高やんのお薦めジャズボーカル10選 其の2

Angel Eyes 愛しいあの人は いないって思いたいのに 苦しいほどに まだ僕の心の中にいる 僕はどうすればいいのか 分からずにいる “天使の瞳” は この場所にはいないというのに... 老いた悪魔が僕に届けた “天使の瞳” は 耐えきれな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高やんお薦めジャズボーカル10選 其の1

A Lover's Concerto 草原にやさしく降る雨の なんと静かで穏やかなことでしょう 木の小枝で鳥たちが 野の花たちに愛の歌を唄っているよ ねえ、丘の向こうに 七色の美しい虹が輝いているのが見えるかな 今日この日、僕たちが愛し合うよう  天空から魔法をかけているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みなさん、こんばんは。

 今夜は、バド・シャンクでお付き合い下さいね~ 僕にとってバド・シャンクという人はちょっとばかり不思議な存在で・・・というのは、僕はアクの強い(個性の強い)タイプに惹かれることが多いのですが、シャンクはどちらかというと、そういった「アク」が一切ないとも言えそうなタイプだし、それまでの自分の好みから言っても、特に「シャンクのレコードを集…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

みなさん、こんばんは。

今夜も1曲お付き合い下さいね~ 「It Could Happen to You」 心は隠しておいてね 夜には夢を閉じ込めて あなたにも起こるかもしれない 星は数えたらダメよ 誰かが夢を落としたら 転んじゃうかもしれないから "あなたにも起こるかもしれない"んだから 気を付けていて あの人に触れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みなさん、こんばんは。

少々ネタ切れ状態でしたが、今夜はベーシストを一人紹介しておきます。 ポール・チェンバース デトロイト出身の名手に数えられるMr.PCことポール・チェンバース、でも生まれは母方のピッツバーグ、13才の時、お母さんが亡くなって、お父さんの住むデトロイトに移ってきた。最初はチューバを吹いていて、チャーリー・パーカーやバド・パウエル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みなさん、こんにちは。

今日は、大好きなダイアナ・クラールのボーカルでお付き合い 下さい。 「The Look of Love」 恋のきらめきがあなたの瞳に表れているわ 微笑みで恋のきらめきを隠そうとしても無理よ 言葉で伝えられないくらい多くのことを語っているから そう私の心にそれが聞こえるのよ、 ああ、私の息は止まってし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みなさん、こんにちは。

今日もどしゃ降りの雨もようですね~~   こんな日に似合いそうな1曲と参りましょう。 HERE’S THAT RAINY DAY 多分、夢は全て叶えてしまうのでなく 少し残しておくべきなのかも知れない 不思議ね、こんな日に限って雨が降る いつかは雨の降る日が来ると人は言う そんな考え方、馬鹿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みなさん、こんばんは。

今夜は、「あなたと夜と音楽と」 君と夜と音楽が 燃えるような欲望でぼくを満たす ぼくはすっかり燃え上がる 君と夜と音楽がぼくをぞくぞくさせる だが夜と音楽が終わったあとでも ぼくたちの気持ちはひとつだろうか 君と夜と音楽が 燃えるような欲望でぼくを満たす ぼくはすっかり燃え上がる 君と夜と音楽がぼくを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みなさん、こんばんは。

この曲、どこかで耳に覚えがあるのでは~~~ 60年代半ば、そのころ台頭してきたロック、ジャズおいてもその8ビートを取り入れた曲が多く誕生、Jazz Rockと呼ばれ大きな人気を博しました。 その中で、この曲、ラムゼイ・ルイス・トリオの”The In Crowd."♫ は、最大のヒットなった曲なのです。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みなさん、こんばんは。

 今夜は、リー・コニッツを紹介しておきます、  クールジャズを代表するミュージシャンです。彼は典型的な“トリスターノ派”.つまり,レニー・トリスターノに強く影響を受けたようです、  1927年,米国イリノイ州シカゴに生まれた彼は,クラリネット,テナーすックス,と楽器を持ち替え,ジェリー・ワルド楽団でアルトサックス奏者となります.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みなさん、こんにちは。

今日はボーカルを1曲お付き合い下さいませ、 Black Coffee わたしは激しい孤独を感じている 一睡もせずに 部屋中歩き回ったり ドアを見つめたり その合間に飲むの… ブラックコーヒーを 恋はわたしにコーヒーを入れさせる 次の日曜日なんて永遠に来ない気がする わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みなさん、こんにちは。

今日はソニー・クラークの話題にしますね、1931.7.21~1963.1.13 ソニー・クラークをはじめて聞いたのは、大学時代の友人の部屋でした。ブルーノートのソニー・クラーク・トリオの「Softly as in a Morning Sunrise」でしたが、フレーズ、スイングするプレイに愉悦感を覚えたことを鮮明に覚えています。も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みなさん、こんにちは。

今日は、セロニアス・モンクの話題といきましょうか ジャズ・ファンの多くはモンクの才能に対して否定的だったといいます。それはもちろん、従来の音楽的常識では考えられないリズムや音階に違和感を憶えたからなのですが、考えてみると僕にとってのモンクは、最初からイージー・リスニングのように自然に耳になじんでしまっていました。モンクの不協和音は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みなさん、こんばんは。

今日は半袖だと少し寒く感じる陽気でした、   湖岸道路をロードで走りましたが風が強いまるで冬の風のようです。 今宵も1曲お付き合い下さいね。 Our love is here to stay Words by Ira Gershwin Music by George Gershwin   私達の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みなさん、こんにちは。

今日も1曲お付き合い下さいね~   スタンダードの名曲です、STELLA BY STARLIGHT   コマドリのさえずる歌    永久の春を幾年も重ね     黄昏どきの小川のせせらぎ      恋人達が住む家のさざめき    素敵なシンフォニーの調べ     星明かりに浮かぶステラ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みなさん、こんばんは。

今日も穏やかな1日でしたね、自転車日より 仕事してるのが癪なぐらいでした、今夜も1曲お付き合い下さな。 BLUE SKIES 1926(Irving Berlin) Emily Herring Blue skies smilin' at me Nothin' but blue skies do …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みなさん、こんばんは。

久しぶりに晴天の木曜日でした、3ヶ月ぶりに自転車に乗りましたが 冬眠が長かったせいか足が回りませんでした、それに疲れた、  疲れた時によく聞くのが「smile」 smile 笑ってよ 君のハートが痛んでも 笑ってよ 君のハートがやぶれても 空に雲があるのなら 君がもし 恐れや悲しみをのりこえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みなさん、こんにちは。

今日も1曲お付き合いを下さい、 What a wonderful worldです、あまりにも有名過ぎですかね。 わたしは見つめる 緑の木々に赤い薔薇 わたしは見つめる それらが咲き誇っているところを そしてしみじみ思うんだ 世界はなんてすばらしいんだろう わたしは見つめる 青い空や白い雲 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みなさん、こんばんは。

春の気配を感じる今日この頃ですね、   最近、ダイアナ・パットンのCDを手にして、どっぷりメローボイスに メロメロで御座います、あっそれと、ポッチャリーナこれまた可愛くて、 女性は少々ポッチャリの方が可愛いようで~~~ Diana Panton - Fly me to the Moon
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more