ジャック・レモン映画特集其の9

晩秋(DAD)

この作品は未見なんですが、凄く観たいです!

家族を犠牲にして仕事に生きるジョン・トレモン(テッド・ダンソン)のもとに、ある日母のベット(オリンピア・デュカキス)が心臓麻痺で倒れた、と知らせが入ります。ジョンが病院に到着した時、母は安定を取り戻していたのですが、彼にとって逆に父のジェイク(ジャック・レモン)の老いた姿が驚きでした。そしてジョンはその日から、すっかり生気を失った父の面倒をみて、一緒に暮らしてゆくことを決意するのでした。息子の愛情あふれる介抱に、ジェイクはすっかり元気を取り戻す。そしてふたりのもとに、離れて暮らしていたジョンの息子ビリー(イーサン・ホーク)が訪ねてやって来る。そしてベットも退院。ジェイクは、久しぶりに娘のアニー(キャシー・ベイカー)やその夫マリオ(ケヴィン・スペーシー)たちにも囲まれ、幸せな日々を過ごす。しかしそんな折、ジェイクがガンに犯されていることが分かり、それを知らされたジェイクは、ショック状態に陥った。つきっきりのジョンの看病と、チャド医師(ゼイクス・モカエ)の配慮で、数週間後の朝、ジェイクは意識を取り戻す。しかし今度は、気の強いベットとの生活の中で、ジェイクはもうひとつの生活を夢みる二重人格的な行動をとるようになる。そんな夫に反発するベットも、ジョンの説得でそれを受け入れた。こうしてジェイクは、家族の理解に包まれて、静かに息を引きとるのでした。

ざっとあらすじでした。


監督
ゲイリー・デイヴィッド・ゴールドバーグ

製作
ジョゼフ・スターン 、 ゲイリー・デイヴィッド・ゴールドバーグ

製作総指揮
スティーヴン・スピルバーグ 、 フランク・マーシャル 、 キャスリーン・ケネディ

原作
ウィリアム・ワートン

脚本
ゲイリー・デイヴィッド・ゴールドバーグ


Jake_Tremont
ジャック・レモン

John_Tremont
テッド・ダンソン

Bette_Tremont
オリンピア・デュカキス

Annie
キャシー・ベイカー

Mario
ケヴィン・スペイシー

Billy
イーサン・ホーク

Dr.Chad
ゼイクス・モカエ

Dr.Santana
J・T・ウォルシュ

年老いた両親の姿を通し、家族の絆の尊さを掴んで行く一人の男の姿を描いたヒューマン・ドラマ。ジェイク、ジョン、そしてジョンの息子ビリー、親子三代のひとときの心の交流を厳しく見つめた作品。何といってもレモンの老け役演技が胸を打ちます。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック